あなたの姿勢はどれ!?【姿勢が悪い】を考える

整体や整骨院へ行って姿勢が悪い・身体がゆがんでいるなんてことを言われることがよくあります。

やつか森整骨院でも姿勢のチェックを行っているので、

身体のゆがみを指摘させていただくこともあります。

しかし、姿勢が悪いと言われてもそうなんだと思う反面、

いい姿勢って何!?

と思ったことはありませんか!?

今回はそんな姿勢についての考えをお伝えしていきます!

S字がきれいな方がいいは本当!?

TVの健康番組などでも、姿勢と身体の痛みの関係を説明していることがよくあります。

【横から見た時に背骨がS字になっていると良い】

これ、聞いたことありませんか!?

実際はどうでしょうか…

きれいにS字でも身体が痛い方もいますし、

逆に猫背や反り腰でも痛くない方もいます。

その違いは

【自分に合った姿勢を取れているかどうか】です。

4つの姿勢タイプを知って自分に合っているかどうか見てみましょう!

姿勢の4タイプ

姿勢のタイプは大きくわけて4つあります。

  • 猫背・反り腰(後弯・前弯)
  • 平背
  • 軍人姿勢タイプ
  • 後湾・平坦

各姿勢の特徴を知って、

まずは自分がどの姿勢になっているかを予想してみてください!

姿勢その①猫背・反り腰(A1タイプ)

猫背・反り腰タイプは背骨を横から見ると

背中が後ろに・お腹の部分が前に突き出しています。

S字のカーブが強く出ているのが特徴で、

重心は前・内側にかかっていきます。

女性ではヒールを履いているのが楽に感じるタイプです。

姿勢その②平背(A2タイプ)

平らな背中=平背(へいはい)タイプは

横から見ると背骨の弯曲が少ないです。

そのため背中やお腹の凹凸があまりなく、姿勢もまっすぐに見えます。

重心は前・外側にかかっていきます。

このタイプの方はストレートネックと言われる方が多いです。

姿勢その③軍人姿勢タイプ(B1タイプ)

軍人姿勢タイプは胸を張った姿勢が特徴です。

あごが上がって敬礼の姿勢に似ているため軍人タイプと言われます。

重心は後ろ・内側にかかってきます。

歩いている時にがに股に見える方が多いのが特徴です。

姿勢その④後湾・平坦(B2タイプ)

後湾・平坦タイプは背骨を横から見ると

臀部が後ろに、背中はまっすぐ気味に見えます。

重心は後ろ・外側にかかってきます。

腰が丸まるために、座っている時などに猫背と言われることが多いタイプです。

4つの姿勢に【優劣】はない

一見きれいなS字に見える方でも4つの中のどれかの特徴を持っていることが確認出来ます。

そして、どの姿勢にも優劣はありません。

猫背だから肩が凝りやすいとか、

反り腰だから腰が悪くなりやすいではなく、

大事なのは【自分にあった姿勢をとれているかどうか】です。

合っていない姿勢は身体に無理がかかっているので痛みの原因になります。

また、背骨の柔軟性も重要です。

キレイな姿勢の方でも背骨が上手く動かない場合は痛みの原因になってしまいます。

猫背や反り腰が必ず悪いわけではない理由

私自身も、勉強をし始める前は

「4つの姿勢のそれぞれ短所があり、いい姿勢の正解は1つだ」と

思っていました。

姿勢の勉強をするうちにその考えは覆されます…

それが【廣戸聡一先生の4スタンス理論】という考え方でした。

4スタンス理論の存在は知っていたのですが、

【4スタンス理論は重心を4つのタイプに分けているらしい】くらいにしか思っていなかった(知らなかった)のです。

勉強すればするほど、今まで学んだことの中で疑問に思っていたことが

次々に解決されていきました!

その中の一つが姿勢の4タイプは血液型のように生まれ持って決まっているというのです!

【いい姿勢】が一つしかないのであれば、

多くの方が【悪い姿勢】となってしまいますよね。

猫背や反り腰が悪いわけではなく、

自分に合っているかどうかが問題だということがそこでわかりました。

無理に姿勢を変えると起こる弊害とは

無理に姿勢を変えたり、体型の変化で姿勢が変わってくると身体に不調が出ます。

実際に私もその経験をしているので良かったら参考にしてみてください!

私自身の身体に合ったタイプは4番目の後弯・平坦タイプです。

整骨院での修業時代は「腰を反れ!そうしないと力が加わらない」

と言われてきました。

そもそものタイプが腰が反っていないので、頑張っても腰が反れずに苦しんでいました。

しかし、恥ずかしながらある理由でその問題が解決しました。

それが【体重が増えお腹が前に出て腰が反らされた】ことだったのです。

施術は上手くなった?のかもしれませんが、

そのころから身体に不調が出始めます。

今までほとんど感じることのなかった肩こり・腰痛・まれにめまいなど…

今も体型は変えられてないのですが💦

腰を反らすのをやめて本来の自分に合った姿勢に戻すようにしたところ

不調が無くなっていきました!

他にも子ども達の姿勢を調べ始めた時に、

身体の痛みを訴える子供達は自分に合わない姿勢タイプをしている

ことにも気が付きました。

このことからも姿勢をキレイにではなく、

【自分に合うキレイな姿勢になるべき】

だということがわかります。

どのタイプでも正しく立つときれいに見える!

姿勢を改善したいという方は

①身体の痛みを治したい

②見た目をキレイにしたい

このどちらか・もしくは両方の方が多いです。

ここで間違えてはいけないのが、

猫背・反り腰・巻き肩を直す=キレイな姿勢ではないということです。

例え猫背でも軸がしっかりしていれば姿勢がキレイに見えます。

姿勢をキレイにして、身体の痛みを取るために必要な事

姿勢をキレイにして、身体の痛みを取るためには

①自分の身体のタイプを知ること

②身体に軸のある立ち方を覚えること

③そのために背骨に柔軟性があった方がよい

この3つが必要です。

まずは知ることからスタートして、

自分には何が合っているのかを知っていただければと思います!

姿勢のタイプを知る方法

① 横から写真を撮ってもらう

写真の撮り方のコツ

  • 平らな場所で行う
  • カメラの角度も並行に
  • 外くるぶしを中心に

この3つは【グリッド カメラ】と検索し出てくる

こちらのアプリを使うと簡単にできます!

写真を撮ってもどのタイプかわからない方はぜひ写真を送ってください。

何かしらのアドバイスや答えをお伝えできるはずです!

※写真でわかるのは現在のご自身の姿勢です。

②その姿勢タイプが自分に合っているかを確認する

現在の姿勢は写真で確認し、

元々持っている姿勢のタイプはどれなのかは

【特定の検査】を行って判断します。

こちらは残念ながらお1人では判断できない可能性が高いです。

そこで、こちらもご連絡いただければ診断方法と合わせて

オンラインでやり取りしながらあなたに合った姿勢を判別します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やつか森整骨院です! 整骨院というと何をしてくれるところなの??ということをよく聞かれます。 そこで! ブログを通してさまざまな情報を皆さまに提供できればと思っております。 こんなことが知りたい!ということもありましたらぜひご連絡ください。