アイシングの正しいやり方

アイシングとは!?

アイシング

ケガの時やスポーツの後にやるといい

なんとなく聞いたことがあるでしょうか!?

アイシングの正しいやり方を知るだけで、

ケガを防いだり、ケガを早く治すことが出来ます。

アイシングにも使い分けがありますので、

ぜひ最後まで読んでいただいて、

アイシングをやってみてください!

アイシングの効果

ケガをしてしまった時

身体の中で【炎症】が起こっています。

【炎症】とは

  • 痛みが出る
  • 熱を持つ
  • 赤みを帯びる(身体の中で出血している状態=後の内出血)
  • 腫れる
  • 動きにくくなる

この症状が出ている状態を指します。

この炎症状態が長く続いてしまうと治るのも時間がかかってしまうので、

炎症を早く引かせることが重要になります。

そこで、【アイシング】によって

熱を取り・血流を悪くして(血管を縮める)・早く痛みを抑えるようにしていきます。

運動の後のケガの予防

運動で酷使した筋肉は、

軽度の炎症もしくは微細に筋肉の繊維が傷ついている状態(筋肉痛)です。

ケガの予防のアイシングでは、

筋肉を冷やして熱を取る

急激に冷やすとアイシングをやめた時に血管が広がり、逆に血流が良くなる

この二つの効果で疲労を早く取ります。

そのため、ケガの時と予防の時ではアイシングのやり方を分けましょう!

意外と知られていない アイシングと冷湿布は違う!

アイシングのお話をすると、

冷やすなら冷湿布でいい??と聞かれることがあります。

実は【冷湿布に冷やす効果はない】です。

冷湿布は【冷感湿布】なだけで、冷やす効果はなく、

冷えているように感じるのはメンソールの【スース―感】です。

温湿布の場合はカプサイシン(トウガラシなどにはいっている成分)の影響で

【ピリピリ感】が出ます。

余談になりますが、湿布の効果は【血行を良くすること】なので、

【温湿布と冷湿布どちらがいい?】

この答えはどちらも効果は同じということになります。

ケガの時はすぐに湿布をするのではなく、

まずは3日間冷やす→その後に湿布が正しいです。

また、熱さまシートは熱を取ってはくれますが、ケガの時はあまりお勧めできません。

話を戻すと、アイシングの目的は冷やすことでもあるので、

アイシングは【氷】を使って行ってください!

アイシングで準備するもの

運動をされる方はぜひアイシング道具を買ってください!

ネットでアイシングの商品を探してもいいですし、

今は100均でもいい商品が売っていますので参考にしてみてください。

必要な物 

①冷やす道具

アイスバック or 固くならない冷却剤(DAISO商品)

もしくはビニール袋に氷でもOKです。

あったら便利です!

②固定する道具(DAISO商品)

どちらかがあると固定しやすいです!

【ケガの処置】の場合のアイシングのやり方

ケガの場合は

患部の炎症を抑えるために

血行を悪くするのが目的なので、

【じんわり冷やす】ことが必要です。

やり方

①患部にタオルをかける

②アイスをタオルの上から当てる

③アイスを固定する

冷やす時間

  • 20分冷やし1時間以上空けてまた20分冷やす
  • 時間があればケガをしてから3日間繰り返し行ってください!

アイシングするタイミング

  • 時間がある時
  • ケガをしてから3日間もしくはそれ以降も腫れていれば冷やす

【ケガの予防】の場合のアイシングのやり方

ケガの予防の場合は

筋肉の熱を取る

血行を良くすることで

疲れている場所の疲労を取るのが目的なので、

【一気に短時間冷やす】ことが必要です。

やり方

①疲れを取りたい場所に直接アイスを当てる

※霜がついたままの氷は危険です!凍傷にならないために、必ずアイスを水にくぐらせてください!

溶け始めたアイスであれば凍傷になりません。

②アイスを固定する

③冷えている感覚が無くなるまで冷やす

冷やす時間

冷えている感覚が無くなるまで冷やす(おおよそ15分~20分)一回のみ

アイシングのタイミング

  • 運動後時間がある時 ※直後でなくても大丈夫なので、帰宅後やってください!
  • お風呂に入る前が望ましい(温まってから冷やすのは効率が悪い)

アイシングの感覚

冷たい→ピリピリ痛い→我慢していると感覚が無くなってくる→終了

冬場に外にいる時に手先の感覚が無くなる時と同じです。

部屋に帰ると一気に手先に血液が集まりジンジンしたことがありませんか!?

急激に血流が促進され、疲労を早く取ってくれるので、

ケガの予防になります。

アイシングをするのが初めての方や、

慣れていない方は最初はタオルの上からでも構いません。

また、小学生以下のお子様が行う際は無理に感覚が無くなるまで冷やさなくても結構です。

その場合は筋肉を冷やすだけでも効果があるので、

タオルの上から15分×1回だけ冷やしてください!

動画でやり方を確認

アイシング=【スポーツをするすべての方にやってほしいケガを予防するためのテクニック】

いかがでしたか!?

アイシングといえば野球のピッチャーというイメージがあるかもしれません。

野球だけの特別なものではなく、

アイシングは

【スポーツをするすべての方にやってほしいケガを予防するためのテクニック】なんです。

年齢や痛い場所を問わず、

膝やふくらはぎ・肘・肩・腰など

応用してどこにでもアイシングすることができます。

ストレッチは必ずするのに、

アイシングはしないなんてもったいないです!

ストレッチでは筋肉の炎症は抑えられません。

次の日に起こる疲労や筋肉痛が劇的に減りますので、

ぜひやってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やつか森整骨院です! 整骨院というと何をしてくれるところなの??ということをよく聞かれます。 そこで! ブログを通してさまざまな情報を皆さまに提供できればと思っております。 こんなことが知りたい!ということもありましたらぜひご連絡ください。