整骨院・接骨院の健康保険使用について2021年6月更新

整骨院・接骨院の保険診療とは??

まず知っていただきたいのが、どこの整骨院・接骨院でも共通して、

保険適用は【原因のあるケガ・痛み】に限られます。

そのため、整骨院・接骨院ではいつ起こったか日付がわからない

慢性的な肩こり・腰痛施術を健康保険で行うことはできません!

多くの方が保険診療=安い費用で受けられるという認識だと思いますが…

施術を受ける際に保険適用かどうかの説明を受けずに、

肩こりや慢性腰痛を保険で施術してもらっている方は

整骨院や接骨院に何かあった時に一緒にトラブルに巻き込まれてしまいます。

例えば、保険を使用すると数か月後にこのような書類が届く場合があります。

こちらの書類のケガ以外にチェックをして返送すると、

整骨院や接骨院には保険が支払われずに保険請求の書類が返戻されます。

そうすると、整骨院から患者さんに電話や連絡が来て

「書類が戻ってきているので、書き直してほしい」

ひどい場合は、患者側は最初から肩こりだと説明していたのに、

「ケガをしたという部分に〇をし直して印鑑を押してくれ」と言われます。

これを拒否すると、

「サインしてもらえないなら、今までの施術費を自費で払ってくれ」となります。

整骨院が悪いのは明白ですが、

施術を受けてしまっている手前言いにくかったり、

疑問はあってもどうすることも出来ない方が多いようです。

この後どうやって解決していくかはご本人次第になってしまいますが、

肩こりで保険施術を受けるという選択をしてしまわなければ、

巻き込まれることのなかったトラブルですよね。

保険診療には他にもデメリットがたくさんあります。

そこで、ぜひ一度考えていただきたいのが

【どんな目的で整骨院に行こうとしているか】です。

あなたが整骨院に行く目的が【身体を治したい】だった時に、

本当に保険診療が適切なのかを一緒に見ていきましょう!

保険適用の【原因のあるケガ・痛み】ってどんな状況?

【原因のあるケガや痛み】はこんな時

  • ねんざ・骨折・脱臼・肉離れ・打撲などのケガ
  • 立ち上がるときに腰を痛めた
  • 物を持ち上げたときに腰を痛めた
  • 急に振り向いたときに首をひねった
  • 寝返りをしたときに首を寝違えた
  • 階段で足を踏み外して○○を痛めた
  • 運動中に○○を痛めた

こんな場合は【保険適用外】=自費診療になります

  • 以前から腰や肩が痛い
  • 原因はわからないが体が痛い
  • 何カ月も前から肩が上がらない
  • スポーツをしていて徐々に痛くなった
  • 姿勢をキレイにしたい
  • 骨盤矯正を受けたい

どこの整骨院・接骨院で治療を受けるとしても、健康保険で診療を受けるには

【いつ・どこで・何をしたときに・どうなった】が明確になっていることが必要です。

ご自身の症状が保険適用かどうかわからないという方はご気軽にご相談ください。

整形外科や病院の保険診療との違い

整形外科や病院では、慢性的な肩こりや腰痛などでも保険使用が可能です。

医師は診断を付けることで健康保険を使用することが出来ます。

例えば腰痛でいうとレントゲンを撮って、

椎間板が潰れていれば

椎間板症

椎間板ヘルニア

画像(レントゲンなど)で異常が無ければ

筋・筋膜性腰痛

このような診断をして保険での診療を可能にしています。

実際は診断名=痛みの原因ではない場合がほとんどです。

詳しくは→椎間板は痛みの原因ではない!

整形外科や病院は肩こり・腰痛などの慢性症状を治すところではありません。

慢性的な症状を改善するためには【どこで・どのように施術を受けるか】が最も重要になります。

保険診療のメリット・デメリット

保険診療のメリット

  • (1回の)自己負担金が少ない(安い)
  • 保険診療を扱っている治療院は必ず国家資格者がいる
  • (自費診療のみでも国家資格者がいる場合もあります)

保険診療のデメリット

  • 施術を受けられるのは、ケガをした部分のみ (施術内容に制限がある)
  • ケガをしたところ以外の施術は整骨院がサービスでやっているだけ
  • 治療院によっては、毎回担当が違うため効果がバラバラ
  • 何度も通わないと効果が出にくい
  • 通っているうちに窓口での負担金は高くなる
  • 根本改善は難しい

自費診療のメリット・デメリット

自費診療のメリット

  • 幅広い症状に対応できる
  • その方に合った【オーダーメイド】の施術が受けられる
  • 通院の頻度・回数が少なくて済む
  • 症状を根本から改善できる
  • 姿勢やスタイルも変えることができる

自費診療のデメリット

  • 1回の施術料金が保険と比べると割高
  • 治療院によっては国家資格者はいない(当院の施術担当は柔道整復師という国家資格者です)

やつか森整骨院が自費診療を勧める理由 

自費診療を勧める理由は

【患者さんの負担を減らし、少ない回数で改善してもらいたいから】です。

保険診療では、施術に制限があり治りにくいですし、

患者さんにとってやった方がいい施術を提供することができません。

また、保険診療で症状を改善するには、忙しい方にも通院頻度を上げていただく必要があります。

慢性的な肩こり、腰痛を週1回・保険診療で電気とマッサージだけ受けている方

1週間の間に元に戻ってしまうので完治は難しいと思います。

本来の保険適用のケガであれば、長くとも2ヵ月あれば完治するはずです。

慢性症状・週1回通院・保険診療→治らないので時間もお金ももったいないです。

自費診療であれば、患者さんの求める施術を行いやすく、

通院の頻度も回数も少なく済みます。

当院では通い続けるのではなく、卒業してもらうことを第一に施術を行っております。

整骨院に行く目的はなんですか??

やつか森整骨院では保険診療が受けられないわけではなく、

骨折・ねんざ・ぎっくり腰などのある程度通院が必要なものや正当に保険適用な症状は保険診療を勧めています。

大事なのは何のために整骨院に通っているかだと思っています。

例え、安く治療を受けられても

  • なかなか治らない
  • 通い続けなくてはいけない
  • なりたかった自分になれていない

そうはなってほしくありません。

私自身も患者さんの立場で整骨院を探すとしたら、安くてすぐ治るところに行きたいです!

ですが、保険診療のみではすぐ治すということが難しいことを知っているので、安くというのは後回しにします。

もし保険で診療を受けたい理由が【安いから】しかないとしたら、

安くたくさん通う or 少し高いけど〇回で済む

金額的にはさほど変わらないかもしれません。

何よりご自身の身体のことを第一に考え、自費診療も体験してみてください。

やつか森整骨院での自費診療のメニュー

お問い合わせはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やつか森整骨院です! 整骨院というと何をしてくれるところなの??ということをよく聞かれます。 そこで! ブログを通してさまざまな情報を皆さまに提供できればと思っております。 こんなことが知りたい!ということもありましたらぜひご連絡ください。