外反母趾にお困りの方へ!対処法と今後について

外反母趾にどのようなイメージをお持ちですか!?

  • 痛そう?
  • 曲がっている?
  • ハイヒールのせい?
  • 治らない?
  • 手術が必要?

外反母趾という言葉は知っている方が多いですが、

自分が外反母趾かどうかはわからない方が多いです。

今回のブログでは、

外反母趾の説明と改善方法をお話します!

外反母趾とは!?

外反母趾とは、

足の親指が内側に曲がってしまい、

この部分が出っ張ってしまっている状態のことを言います。

私は痛くないから外反母趾じゃない!と思っている方もいらっしゃいますが、

外反母趾は【痛くない場合もあります】し、

【痛みがある方も痛みの改善は可能】です!

曲がっていること自体が痛いわけではなく、

  • 靴に擦れる(関節の袋が炎症)
  • 関節に負荷がかかる(関節の炎症)

外反母趾+αで外的な要因が加わった時に痛みを感じます。

手術をしなくとも、適切な処置や治療を受ければ、

痛みはコントロールすることが出来ます!

そのため、治療対象の第一段階は

ご本人が困っているかどうかでいいと思います。

治療対象の第二段階として、

外反母趾自体に痛みがなくとも、

外反母趾は肩こり・腰痛などの原因になることがあります。

外反母趾がある

→そもそも重心が悪い

→腰痛・肩こり・ひざ痛などさまざまな痛みの根本原因になってしまう

身体の痛みにお困りの方は、

ご自身が外反母趾になっていないかご確認ください!

このような場合も治療の対象になります

外反母趾になってしまう理由

外反母趾はヒールが原因ではありません!

ヒールは確かに外反母趾になる要因の一つにはなりますが、

ヒールを全く履かない女性や、

最近だと男性にも外反母趾は増えているんです。

外反母趾になってしまう一番の原因は

【扁平足(へんぺいそく)】なんです。

扁平足には2種類あって、

【土踏まず(縦アーチ)の扁平足】と

【横アーチの扁平足】があります。

実は、外反母趾に重要なのは横アーチの方だったんです。

外反母趾の痛みを改善するには!?

外反母趾を改善していくには、

【横アーチの形成】が必要不可欠です。

アーチと言われる部分は、

【筋肉によって引っ張られた骨の配置】で決まってくるので、

筋肉の使い方が変わったり、上手く使えるようになれば、

扁平足も改善することが出来ます。

扁平足を改善しないと、

指を伸ばすためのサポーターなどをどんなに続けても、根本的な解決にはなりません。

そこで

① 足のマッサージ

② 足を動かす体操

③ テーピング

この順番でセルフケアを行ってみてください!

外反母趾のセルフケア方法

その①

足のマッサージ

動画でご確認ください☟

その②

足指体操

その③

テーピング

このセルフケアを2週間続けても痛みに何も変化が無い方

ご自身での改善は難しいかもしれません。

また、形(見た目の変化)にはさらに時間がかかりますので、

やつか森整骨院へご相談ください!

外反母趾を放置しているとどうなる!?

外反母趾はある程度変形が治まると、

それ以上進行しない場合が多いです。

しかし、外反母趾が要因になって、

肩こり・腰痛・ひざ痛など様々な症状を引き起こしたり、

合う靴が無い

長時間歩くと必ず痛くなる

指や足の裏にマメが出来てしまう

このような事が起こります。

可能であれば放置せずにしっかり治した方がいいですね。

また、【悪化する前に早めに治療】が一番大事です。

悩んでいる方はまず初めにセルフケアからやってみましょう!

外反母趾のまとめ

  • 外反母趾は痛くない場合もある
  • 外反母趾は身体の痛みの根本原因になることがある
  • 外反母趾になってしまう原因は【扁平足】
  • 外反母趾を改善するにはセルフケアが必要
  • セルフケアを始めて2週間で痛みに全く変化が無い場合は医療機関へ

今回ご紹介した内容は当院の考えに基づくものです。

医療機関(整骨院・整形外科・病院)によって考え方や治療方針は変わります。

手術を勧められる方もいらっしゃいますが、医師が言ったからと流されずに、まずはご自身で改善するための方法を試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やつか森整骨院です! 整骨院というと何をしてくれるところなの??ということをよく聞かれます。 そこで! ブログを通してさまざまな情報を皆さまに提供できればと思っております。 こんなことが知りたい!ということもありましたらぜひご連絡ください。